■実際は“高額請求”の不用品無料回収。

東京に次いでGDPが高いといわれる横浜市は、不用品回収やゴミの収集問題もそれだけ深刻で、横浜市では市をあげて不用品回収やゴミ処理問題に取り組んできました。

ところが国の政策でもあり、全国的な取り組みが急速に広まったゴミ処理問題と違って、不用品回収のほうはなかなかすすんでいなかったといいます。

不用品回収については民間の不用品回収買取業者が軽トラックなどを使って横浜市内を回っており、一見すると不用品回収の問題はまるくおさまっているようにも思えます。

ところが最近になって、横浜市ではこの不用品回収をめぐるトラブルが急浮上しているといいます。

そこで横浜市の資源循環局では、違法な不用品回収業者に注意を促すおふれをホームページ上などに出しています。

その内容は、『家庭の不用品を“無料で処分する”という買取業者に処分を依頼したら、思っても見なかった高額な料金を請求された』という苦情や相談が相次いでいること。

実際に無料とは言いながら、いざ回収の段になると、なんだかんだと理由をつけ、高額な回収代を請求するのが悪徳回収業者の常套手段なのだそうです。

こうした苦情は横浜市ばかりではなく、川崎市をはじめとする近隣の市町村、神奈川県全体にわたっているとの報告もあります。

本来こうした不用品回収で出された物品は、資源ゴミとしてリサイクルにまわされるのが原則となっています。

省資源化の意識が高まっているいま、私たち消費者も不用品回収で集められたものがその業者によって正しく処分されるのかを見極める必要があります。

横浜エリアの不用品回収なら新誠商事に問合せてみましょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.